上手な乳頭・乳輪マッサージの方法&乳首についた乳かすのお手入れ方法

母乳育児をスムーズに始めるためには、妊娠後期から乳頭・乳輪マッサージを行うのがおすすめです。乳頭が固いと赤ちゃんがうまく吸い付けず、母乳が十分に飲めなかったり、乳首が切れてママが痛い思いをしてしまうことがあります。

そこで、上手な乳頭・乳輪マッサージの方法をお伝えします。マッサージをしながら、乳首についた乳かすもお手入れすれば、母乳育児に向けて準備万端です。

乳頭・乳輪マッサージはいつから?

乳頭を刺激すると子宮が収縮するので、妊娠28週以降から行いましょう。開始する前には医師に事前に相談しておくと安心です。

特に早産傾向がある妊婦さんには自己判断でマッサージをしないようにしてくださいね。

乳頭・乳輪マッサージの方法

マッサージのタイミングと注意点

マッサージは入浴中または入浴後に左右の乳房合わせて1〜2分を目安に行いましょう。時間や回数はお腹の張りを見ながら調整しましょう。

通っていた産院の助産師さんによると、慣れてきたら実際の授乳回数と同じように1日8回ほどするのが理想とのことでした。

マッサージの方法

乳頭・乳輪マッサージ1

1. 片方の手で乳房を支え、もう一方の手の親指、人差し指、中指で、乳輪から乳頭を優しくつまみます。

乳頭・乳輪マッサージ2

2. つまんだ指をずらしながら、全体をムラなくマッサージします。乳頭から乳輪と位置を変えながら、1回3秒程度、圧迫を繰り返します。乳頭が硬い場合は、1回の圧迫に5〜10秒かけて、ゆっくりと行います。

出典:「こども青少年局 わくわく」

上手なマッサージのコツ

乳輪もしっかり柔らかくする

乳頭マッサージでは乳首を柔らかくすることに注意を向けがちですが、実は赤ちゃんは母乳を乳首から吸うのではなく、その外側の乳輪をしごきながら吸います。そうすることで乳首から母乳がスムーズに出て、乳首に負担をかけずに上手におっぱいを吸うことができます。

そのため乳輪ギリギリで乳輪と乳首をマッサージするより、乳輪より少し外側からしっかりと圧迫し、乳輪も柔らかくしておくことが大切です。

自分が思うより強めに

痛みを感じるほど強く行う必要はありませんが、助産師さんなどにしてもらうと思ったより強く乳輪や乳頭を引っ張られてびっくりすると思います。

自分が思っているより強めに行うぐらいで丁度いい強さだと思います。産院に助産師さんがいる場合は、検診の際自分がうまくできているか確認してみるといいでしょう。

オイルはマッサージ後に

一般的にはマッサージ中にオイルを使う方がいいと言われますが、マッサージ中にオイルを使うと滑って強く圧迫できません。

マッサージで十分に圧迫して乳輪・乳頭を柔らかくした後に、オイルで保湿することで皮膚を柔らかくすることをおすすめします。オイルを塗るタイミングはご自身のやりやすさによって決めるといいでしょう。

念入りにマッサージをした方がいい場合

陥没・扁平乳首

陥没乳首・扁平乳首・乳首が短い場合は、1日数回以上念入りにマッサージしましょう。乳頭を乳輪部からつまみだし乳頭を突出させてから行います。

陥没乳首の方は、乳頭保護器や乳頭吸引器を使うと乳頭を出しやすくなる場合があります。医師や助産師さんに相談してみましょう。

おすすめのマッサージオイルは?

乳頭マッサージのためだけにオイルを買うのはもったいないので、産後も使えるようなオイルを選んでおくと幅広く使えていいですね。

おすすめは馬油かカレンデュラオイルです。同じく妊娠後期に行うといいとされる会陰マッサージや、産後の乳頭裂傷のケア、また赤ちゃんのおむつかぶれ・あせもと幅広い用途で使えます。

産院でおすすめ。カネソン ピアバーユ

通っていた産院でもらったのがカネソンのピアバーユ。産前の乳頭マッサージにも使いましたし、産後すぐは何度も乳首が切れたのでこれを塗ってラップをして傷の治りを良くしていました。

授乳初期や歯の生え始めは多くのママの乳首が切れてしまうようなので、1本あって損はないと思います。

AMOMA カレンデュラオイル

カレンデュラオイルも産前の乳頭ケアだけでなく妊娠線ケア、会陰マッサージや、赤ちゃんのおむつかぶれと多用途に使えます。

1本で多用途の使い道をしたい方はカレンデュラオイルがおすすめです。(※キク科アレルギーの方はご使用いただけません)

関連記事:「AMOMAカレンデュラオイルの口コミ!会陰マッサージや赤ちゃんのケアにも」

乳首についた乳かすのお手入れ方法

妊娠後期になると、妊娠前に見たことがないような茶色や黄色っぽいカスが乳首についていることがあると思います。これは乳かすといい、母乳がわずかに乳首から出て乾燥して固まったものです。

授乳が始まる前に、乳かすを綺麗に掃除しておく必要があります。

乳かすのお手入れ方法ですが、入浴中または上記のオイルなどで十分に乳頭をふやかした後、綿棒などで優しく取り除きます。

母乳育児の準備は万端に

産後すぐ母乳が出ると思いきや、意外とすぐ母乳は出なかったり、また乳頭裂傷の痛みで授乳ができなくなる場合もあります。

妊娠後期からできるだけ準備をしておくことで、スムーズな母乳育児にできるといいですね。

スポンサーリンク
336_280