【口コミ評判】生後10〜11ヶ月の幼児教室比較|ベビーパークと七田式教室の違いは?内容・雰囲気・料金比較

生後10ヶ月になり、毎日家で過ごすのもなぁ。かと言って歩けないのにしょっちゅう公園に行くのもなぁ。

と親子で暇を持て余していた頃。

幼児教室の体験レッスンが無料で参加できることを知り、同じくらいのお友達がいたら息子も嬉しかろうと早速行ってきました!

結局入会しちゃいました。笑

これから体験に行かれる方に向けて、ベビーパークと七田式、行ってみてわかった違いをお伝えします!

ベビーパークの体験レッスン>>

七田式の体験レッスン>>

ベビーパークと七田式の違い

レッスン内容

(画像はベビーパーク)

七田式は種類と量が半端ない。親が疲れるレベルです。定番のフラッシュカードや100玉そろばんに加えて、時間、形、大小、色、多い少ない、軽い重いなど概念や形容詞の授業、手先を動かす取り組みも多め。種類が多いのとテンポが早くて、子どもが飽きなかった!むしろ授業中に疲れて寝ちゃう子もいるとか。

七田式の詳しいレッスン内容は以下にまとめています♪入会したかどうかネタバレしちゃいますねw

(ちなみに七田式は教材が販売されていますよ♪)

ベビーパークもフラッシュカードや100玉そろばん、色や形の概念、手先を動かす取り組みはありますが、どれも七田式の半分くらいのボリュームかな?

絵本の読み聞かせや英語、色塗りの授業はベビーパークのみ。

ただベビーパークのお歌や絵本の読み聞かせは、日本語と英語両方あって長めなので、好奇心の塊な息子はけっこう飽きちゃう汗

だいたいグズっておっぱいタイムになっちゃいます。

知育・教育にこだわるなら七田式だろうなと思いました。

ただ、当日は満足して帰りましたが、自分が疲れるレベルのことを1歳前の子どもにさせるのもどうだろうとちょっぴり思ったり。

ベビーパークは、”ママが生徒で育児を学ぶ”とうたうだけあって、学ぶ前の土台づくりという感じです。

講師によるけれど、私がはじめに当たった先生はそれがすごく良かった。

ここでは長くなるので書けないですが、よかったら以下の記事をご参照ください♪

教育方針

ベビーパークは3歳までに右脳を刺激してIQを高める。母親も生徒で叱らない育児など教えてもらうマザーリングの時間がある。

七田式は6歳まで右脳と左脳をバランスよく鍛える、就学前に漢字や計算もできるようにするなどお受験にも対応。

教室

ベビーパークの教室はとても広くて綺麗でした!

七田式は古くて狭いですが、好奇心の塊な息子でも授業中に動き回らずにすむというメリットが。

のびのび感

ベビーパークはレッスン中でも走り回ってもOKな時間がある。歌の時とか。
叱らない育児を掲げているだけあって、できるだけ子どもがしたいことをさせてあげるという感じ。

七田式も思ったほど机にかじりついてガリガリという感じではなかったです。

でも授業についていくのが必死で動き回る暇がない…!

グズった時はおっぱいあげながらも取り組みをする、という感じ。

先生

どちらも基本褒めて伸ばすスタンス、声も大きくて笑顔いっぱい◎

参加しているママ達の雰囲気

七田式はセレブママ。多分お嬢様女子大卒で旦那さんの年収1000万前後あると思う。知らんけど。
プチプラのジーパン+シャツで行くと浮きます。浮きました。w

ベビーパークは普通の家庭だけど、その中では品が良くて育ちの良さそうな感じ。

クラスの人数

私が体験したレッスンでは、私と息子以外にベビーパークは2組、七田式は3組の受講者がいました。

どちらも基本3〜6組までの少人数制です。

料金

七田式は入室金21,600円(税別) 月謝18,514円(税別)(0〜1歳・なんば教室では教室維持費・教材費込など込で)

ベビーパークは入室金14,000円 月謝14,000円ですが、キャンペーン期間中にうまく申し込めば入室金無料・レッスン料も初月約70%off、2ヶ月目半額にすることもできます。

ベビーパークの体験レッスンに参加する>>

七田式の体験レッスンに参加する>>

私がベビーパークを選んだ理由

私は結局ベビーパークにお試しで3ヶ月通わせることにしました。

ベビーパークにした理由
  • “勉強”より”人としての土台づくり”、”ママが育児を学ぶ”というコンセプトに共感
  • 参加しているママの雰囲気が自分と合いそうだった
  • キャンペーンの大胆な割引にひかれた
  • 教室が家から近くて通いやすい

そもそもベビーパークと七田式は目的が全く違う

ベビーパークは”土台づくり”

そもそも私は幼児教育なんて全く興味がなく、無料イベントをしていたから行ってみただけでした。

でも他の習い事で大暴れ(?)してきた息子が何を考えて行動しているのか、親として叱るべきなのか、ずっとモヤモヤしていた時に偶然参加して、その悩みを解決してもらえたんです。

息子が授業中教室を這いずり回ってしまった時は、

「今息子さんは初めての環境だから、探求本能を満たすためにとにかく這い回ってるんですよ。そのまま好きにさせてあげていいですよ。」と。

配られた歌カードを持って先生に激突しに行き、ちらっと後ろを振り返った時は、

「今自分は先生のところに来たけど、他の子は何をしてるかな?と気にするようになりましたね。」

と、細かく教えてくれ、息子の成長を感じることができました。

私は息子を叱る必要はなくて、探求本能を理解して好きなことをさせてあげつつ、レッスン中はお友達の順番を待ったり、お友達の様子を見ることで社会性を身に着けてあげればいいかなと、自分なりに答えも出せました。

親と子の関わり方って子どもにとって一番大きな影響を与えるのに、それを教えてもらえることってなかったなと。

それに、他のお友達との関わり方を学ぶのは、家や遊び場では身につかないことだし、習い事のいいところだと感じています。

ベビーパークの体験レッスンに参加する>>

七田式は”お勉強”

七田式では「幼稚園になったら漢文を丸暗記できる」と言われたんですが、それは自分の中では違うかなぁと。

「お受験ガツガツっていうのは可哀想だからしてないんです」とは仰られてましたけどね。

でも受講するメリットして、他にも「小学校で作文が上手にできる」とか、「算数の文章題が解ける」とか、やっぱりお勉強寄り?

今は勉強より、家ではできないような遊びや同じくらいの月齢の子と関わることで刺激を与えてあげたい、そのきっかけの一つとしての習い事と思っているので、七田式じゃなくてもいいかなと。

七田式の体験レッスンに参加する>>

最後に

親子の数だけ関わり方があるので、私はベビーパークだったけど、七田式のほうがいいというママも、やっぱり習わせないほうがいいかなと思うママも、色々いらっしゃると思います。

それに、口コミなどでは、ベビーパークも七田式もフランチャイズ経営で教室や講師によって全然違うと聞きます。

本記事の内容もあくまで一つの体験談なので、ぜひ実際に体験レッスンに参加してみてくださいね^^

スポンサーリンク
336_280