「義母と娘のブルース」第9話の見所・あらすじ・ネタバレ!見逃し動画を無料でフル視聴

「義母と娘のブルース」第9話(9月11日放送分)を見逃してしまった方に、無料でフル動画を視聴する方法やオススメの動画配信サービスをご紹介します。

「義母と娘のブルース」第9話の見逃し動画を安全かつ無料でフル視聴する方法

放送日から1週間以内なら

<9/11〜9/18まで無料フル視聴可能>

>>TVerで見逃し動画を見る

TVerとは?

各局の人気番組が放送後1週間のみ無料で見られる動画配信サービスです。

永遠に無料。知らない間に有料会員になる心配なし。

・面倒な会員登録の必要なし

・パソコンまたは、アプリをダウンロードするだけで視聴可能です。

ちなみに義母と娘のブルースはTBS FREEでも視聴できますが、TVerは各局の人気番組を配信していてTBS FREEで配信されている番組も含まれているので、当サイトではTVerをオススメしています。

スポンサーリンク
336_280

原作マンガを無料で読む方法もご紹介

原作のマンガ「義母と娘のブルース」は、全2巻400ポイント(フルカラー版:600ポイント)で電子書籍版が販売されています。

FODプレミアムに登録すると、毎月8がつく日(8日・18日・28日)に400ポイントもらえるため、1ヶ月で1200ポイントもらえます。

これは、無料お試し期間中にももらえるポイントなので、無料期間中に解約すれば一切お金を払わなくて大丈夫です。

義母と娘のブルースが無料で読める上に、さらに800ポイント余るので別のマンガも読めちゃいます。

>>義母と娘のブルースを無料で読む【FODプレミアム】



放送から1週間が過ぎている場合

義母と娘のブルースが全話配信されている動画配信サービスは以下◯印がついたものになります。

動画配信サービス 視聴可能
Paravi
U-NEXT
dTV
hulu ×
Netflix ×
FOD ×
amazonプライムビデオ ×

義母と娘のブルースを見るならParaviがオススメ

ParaviはTBSとテレビ東京系のドラマを多く扱っている動画配信サービスで、月額953円(税別)ですが、登録から1ヶ月以内に退会すれば無料で視聴することができます。

Paravi以外でも視聴はできますが、初月無料の見放題プランでは見れないようになっており、別途レンタル料金がかかります。

そのため、無料で義母と娘のブルースを視聴できるのはParaviになります。

映画新作・電子書籍も楽しみたい方はU-NEXT



こちらだと義母と娘のブルースは別途レンタル料金が324円/話かかります。有料会員になると月額料金も1,990円と他社より高額です。

ただU-NEXTなら国内ドラマだけでなく、国内外の新作映画や海外ドラマ・アニメなど12万点以上の取扱いがあるため、人気の動画配信サービスです。

有料会員になると毎月1200ポイントがもらえますが、31日間の無料お試し期間中にも600ポイントがもらえるのでポイントだけもらっておくのもありですよね!

U-NEXTで義母と娘のブルースを見る>>

違法動画サイトで無料視聴する方法

Pandraやdailymotion、9tsuなどの違法サイトで動画がアップロードされていることがありますが、あまりオススメできません。

倫理的に良くないだけでなく、視聴にはリスクが伴います。

以下のようなリスクがあります。

・ウイルス感染の可能性
・フィッシング詐欺の可能性
・広告で画面を隠されるためストレスがたまる
・画像が荒い
・わりとすぐ動画が削除される

実際にウイルス感染した例も

やはり無料で見られるということは、それなりにリスクも伴いますので気をつけてくださいね。

気になる第9話のあらすじ・見どころは?

いよいよ最終章!それぞれの愛の形 〜 義母が下した9年目の決断

いよいよ 「ベーカリー麦田」 の新装オープンの日を迎える。
麦田 (佐藤健) と共にパン職人の基本を学び直した 亜希子 (綾瀬はるか) は、亜希子ならではのある秘策と元戦国部長の名にふさわしい営業攻撃を繰り広げ、みゆき (上白石萌歌) と大樹 (井之脇海) をはじめ、下山 (麻生祐未) や 晴美 (奥貫薫) みんなの協力の下、「ベーカリー麦田」 は 「キムタヤ」 への第一歩を踏み出す。
そんな中、店の再興に向け苦楽を共にしながら楽しそうな亜希子と麦田を見て、みゆきは、麦田が亜希子のことを好きなのではないかと思い悩んでいた。
父・良一 (竹野内豊) がいなくなって9年。ずっと自分のそばにいてくれた亜希子の愛情を改めて実感しながらも、戸惑いを隠せず大樹に打ち明けるのだった。(引用:公式サイト)

年が明け、「ベーカリー麦田」 は、亜希子が想像した通り順調に客足を伸ばしていき、みゆきの大学受験へ本腰を入れる時期になっていく。
ある日、ハートのロールパンが話題となり、店に 友井 (川村陽介) の撮影隊のテレビ取材が入ることに。取材が入ることで、やる気が漲る麦田。その熱が入りすぎている麦田の想定問答を見かねた亜希子は、本番、テレビクルーの前で予想外の発言をする。
亜希子からの思いがけない発言を聞いた麦田は、この勢いをバネにして、ついに亜希子へ自分の想いを伝えることにするが…(引用:公式サイト)

9話の見どころは、なんといっても麦田と亜希子の恋の行方でしょう♡

亜希子を想っていた麦田が、ついに告白をするのがこの回です!どんなふうに告白するのか?亜希子の返事はどうなるのか?

ワクワクがとまりませんね!♡

あらすじ詳細

イベントの集客が大成功!

ついにベーカリー麦田がリニューアルオープンした。

オープン日は、ぷちっとプリキュアのイベント日。

参加する人々を狙って集客を画策する亜希子。

集客にはチラシだけでなく、みゆきたちがプチキュアに扮して来店を呼びかけます。

多くのお客さんが押し寄せ、パンは全種完売。作戦は大成功!!

感動する麦田。初めて亜希子と麦田のハイタッチは息が合った。

みゆきは麦田の亜希子への気持ちを思い、複雑な気持ちに。

しかし、「パパがいなくなって9年。好きな人ができたって当たり前だよね。」と自分を納得させようとする。

ヒロキはみゆきのそんな様子を心配そうに見ていた。

みゆきは大学で経営を学ぶことに

翌朝、亜希子はみゆきの大学の願書の準備を手伝っていた。
みゆきは大学で経営を学びたいと言う。亜希子と麦田ベーカリーの施策を考えたことが楽しかったという。

みゆきは麦田と亜希子の関係に探りを入れるが、どうやら亜希子に麦田への気持ちはないようだ。

亜希子は「麦田で働けてよかった」と良一の遺影に向かって話す。

麦田がプロポーズ!?亜希子に伝わるのか?

そんな中、麦田ベーカリーのハートのロールパンの評判を聞きつけ、テレビのインタビュー取材を受けることになった。

麦田は取材を受けることをワクワクして心待ちにしていたが、実際の取材は亜希子がメインだった。

ふてくされる麦田。

しかしインタビューの最後に、「店長のパンが世界で一番うまい」と何度も言う姿を見て、心が高鳴る。

後から、そのインタビューを麦田メインにしなかったのは、自画自賛して店長の品位を落としてしまうと嫌だからだったと聞く。

亜希子から「店長のパンは本当に美味しいと思う」と改めて言われ、麦田の感情は高ぶっていく。

麦田「だったら、一生俺のパン食べてくれますか!毎日食べてくれますか!」「俺、もっともっと宮本さんのためにうまいパン焼きますから!」

亜希子「それは、さすがにお引き受けできかねますね。」

麦田「なんで・・・?」

亜希子「この際なので告白しますが、実は私、ご飯党なんです」

麦田「ご飯・・・」

どんなに美味しいパンより冷やご飯が好き、でも商品として麦田のパンも愛していると亜希子。

麦田はとても落ち込んでしまいます。

元部下・田口(浅利)との出会い

麦田は落ち込んだ勢いで入れ墨を入れに行く。帰りに立ち寄ったバーで「俺、何やってんだろう」とため息。

なんと偶然、かつての亜希子の部下であった田口と出会います。結婚式の資料を見ている田口に、「結婚するんすか?」と声をかける。

その会話をきっかけに、麦田は田口に恋の悩みを打ち明ける。「惚れたのがマジで鈍感な女で全く気づいてもらえない。」

それは田口のかつての恋の悩みと酷似していた。(同じ人物を好きだったので当たり前ですが)

お互いに好きな女性のタイプが同じということで気投合し、田口の結婚式にロシアンあんぱんを250個納品することになります。

亜希子と抱き合って鼻血!?

後日亜希子にその話をするが、麦田は田口の名前を間違って矢口と伝えたため、かつての部下・田口であると亜希子は気づきません。

亜希子はテレビ放送日に受注を取りこぼさないよう、自分が立ち上げたネット販売のサイトを見せます。

完成度の高いサイトに驚く麦田。

ハイタッチをしようとする二人ですが、亜希子がよろけて麦田に抱きついてしまいます。その現場を偶然目撃し、動揺するみゆき。

麦田は亜希子と体がふれあったせいで、鼻血を出してしまう。

下を向いて鼻血をとめていると、亜希子が結婚指輪をしていないことに気づきます。

式もあげておらず、結婚指輪ももらっていないと知る麦田。

ご主人がどんな人だったか聞くと、「ひだまりのような人だった」という亜希子。

自分とは違うタイプだと落ち込む麦田。

ヒロキのおせっかい

ベーカリー麦田にやってきたヒロキ。麦田に、「亜希子には恋人がいるらしい」と言う。

動揺する麦田だが、自分の気持ちを隠そうとする。

「それでいいんですか?亜希子さんのこと好きなんじゃないんですか?」

麦田は腕に「あきこ命」とほった入れ墨を見せ、「好きでわりーか!」と激昂する。

「どんなやつなんだよ!」と恋人のことを問い詰めると、ヒロキは実は嘘だとバラす。

「ただ、みゆきが気にしていることをわかってほしくて」というと、麦田は「もう諦める」と言って微笑みました。「みゆきに嫌な思いさせるわけにはいかねえ」

入れ墨は実はシールでした。

みゆきの本当の気持ちは・・・

みゆきはヒロキと店長のやりとりをヒロキから電話で聞き、慌てて家を出るみゆき。

みゆきは、実は店長と亜希子が付き合うのが嫌で戸惑っていたわけではなかった。

それを説明するため、再びベーカリー麦田を訪れます。

みゆきは麦田に、「亜希子と父の結婚は契約結婚だったと思う」と伝える。

「父は病で余命がわずかで、自分が亡くなった後の私を心配して結婚を依頼したんだと思う」と。

麦田は、式も指輪もなかったことに納得する。

「亜希子は律儀だから仕事も辞めて私のお母さんをやっていてくれた。

でもそれって、亜希子さんからすごくすごく長い時間をとっちゃったんじゃないかって。

もし私に寄り添ってなければ、この9年間どうしていただろうなって。

仕事もできたし、好きな人と結婚して子どもを作ることもできたかもしれない。

一緒に写ってる写真一枚ない相手を愛しているフリをし続けるってどういうことだろうって。

私、母には幸せになってほしいって思ってるから。

もし、母を好きだって思う気持ちがあるなら、うちの母を幸せにしてあげてください!」

麦田「みゆきはさ、俺がおやじとかで本当にいいの?そりゃ俺はかっこいいけどさ…」

みゆき「私、おかしな人と家族になるのは、ほんの少し他の人より慣れていると思います。」

麦田「そうか、よおおーーーーーし!やるぞみゆき!!」

奮起する麦田とみゆき。盛り上がる二人に不安になるヒロキ。

麦田がみゆきと付き合っている!?

翌朝。

みゆきは亜希子に麦田のいいところや、結婚するのにぴったりの相手だとアピールする。

それを聞き、亜希子は麦田がみゆきと付き合っていると勘違いする。

亜希子は怒って麦田を避けだす。

麦田はみゆきに相談すると、みゆきは「店長のことを猛プッシュしといたから、照れて避けているんだと思うよ」とアドバイス。

田口が来店。嫁に勝手に食べたことないお店のパンを結婚式に出すなと言われ、サンプルをもらいに来たという。

ついに亜希子と田口は再会した。

亜希子と田口は見つめ合う。

麦田は田口が好きだった女性が亜希子だったんじゃないかと疑う。

田口は昔配達ミスを犯したバイク便の彼が麦田だと気づきます。

亜希子はロシアンあんぱんを結婚祝いに贈らせてほしいと申し出るが、田口からするとかつて好きだった相手。受け取ることはできないと断る。

亜希子は不思議そうな顔をします。

麦田はそれを見て、本当に鈍感なんだなと思い、「このあと話がある」ともちかけました。

ついに麦田が亜希子をご飯に誘い・・・?

居酒屋へ行く2人。

亜希子は運ばれたビールを一気に飲み干し、ついに切り出した。「店長は、みゆきとどういうつもりで付き合っておられますか?」と尋ねる。

麦田「まあ、広い意味では付き合っているかなあ?ダチっていうか。」

亜希子「店長にとっては遊びでも、18の子にとっては遊びではないと思いませんか!?」

麦田「なんで俺とみゆきが付き合ってると思うんですか?」

亜希子「みゆきは昨日遅く、「店長とヒロキがもめている」と発言し、私にはついてくるなと言いました。

今朝、その話について尋ねたところ、「その話はもう終わったの。」と言いました。そして、「店長って相当イケメンだ、店長の赤ちゃんはきっと可愛い、結婚するにはいい条件だ。」などと言い出したのです。」

亜希子「みゆきと付き合うのなら真剣勝負でお願いしたいのです!」

麦田は爆笑し、「亜希子さんすっごい方向に勘違いしますよね。」と言いました。

そしてみゆきとの交際について否定しますが、頑として信じない亜希子。

麦田と亜希子の奇跡

麦田のこれまでの経歴を問い詰める。

バイク便のあとは、『奇石の花屋』をやっていたと聞き、良一がくれた花は麦田が販売していたと知ります。

亜希子「他には何をされていたんですか?」

麦田「霊柩車もやってたな。最後にいったのが、緑丘の斎場だったんだけど、奥さんずーっっと泣いてて、ちっさい子どももいたな。
その女の子みてたら、俺このまま行くとこの子みたいになるんだろうなって。親孝行したくても、できなくなるのかなって。

それで、パン屋戻って。」

亜希子「それ、私とみゆきです。かなりの確率で。」

奇跡に感動する亜希子。

ついに麦田が告白・・・!?

場所を移動し、麦田が「俺、まだ自分の話してないっすと切り出す。」

麦田「ありがとうー!!!旦那さーーーん!!!めっちゃありがとうございます!宮本さんに引き合わせてくれて、ありがとうございます!!」「俺、今まで出会えた中で、一番うれしかったのは宮本さんです!!!」

「ありがとうございます、店長。嬉しいです。でも、この程度で満足なさらないでください!最初に約束しましたとおり、必ずや麦田をキムタヤに」

「好きだって言ってる!」「さっきから、もう宮本さんのことがめっちゃくちゃ好きだって言ってます!チューとかしたい方っすから!!」

さすがに麦田の気持ちを理解した亜希子。

麦田「俺、旦那さんが宮本さんにしてあげたくてもしてあげられなかったこと、してあげたいっす。いや、違うな。やりたいんす。俺が。大事にします。焼けってんなら、米でパン焼きます。だから、俺に一生お世話されてください。」

麦田の帰りを待っていたみゆきとヒロキ。どうだったかと聞くと、麦田は親指を立てて、ニッコリと笑った。

最後に

回を追うごとにますます目が離せなくなっていく義母と娘のブルース。第9話を見逃した方も、ぜひ最終回までにご覧になってくださいね!

「義母と娘のブルース」いよいよ最終章が始まりました…
スポンサーリンク
336_280